• News
  • StaffBlog
  • PrivacyPolicy
  • Bridal
  • Recruit
  • ジュエリーコンセプト

    麻生の宝石への想い

    一人ひとりの思い出を包み込んでいく宝石。
    いつまでも末永く、後々まで喜んで頂きたい。
    そんな想いから、宝石の選定には特別なエネルギーを注いでおります。又、それが私共の責任であり誇りなのです。
    「洗練されている」、「エレガントである」、「いつの時代にも受け入れられる普遍性あるデザイン」を大切にして、貴方にふさわしい素敵な宝石をご提案いたします。

    プラチナとホワイトゴールドについて

    指輪やネックレスなど白色の金属としてよく使われるのがプラチナとホワイトゴールドです。
    プラチナはホワイトゴールドとは全く別の金属で、ゴールドに比べ高価なものとなっています。
    プラチナは、かつてヨーロッパにおいて王朝文化が華やかなりし頃によく使われていたそうです。しかし、第一次世界大戦を境にあまり使われなくなったそうです。おそらく軍事用の素材として使われたり、プラチナを加工する職人がいなくなった、などの理由からであろうと思われます。

    その後は加工の容易さや価格の安さなどによりゴールドが普及していきました。しかしながら、高級ジュエリーにはプラチナが復活しつつあります。より良いものをご希望のお客様にはプラチナをぜひおすすめしたい、と思います。

    プラチナの純度について

    ピュア・純度が高いという意味でプラチナ1000が面白いですが、私たちの経験(お客様のご意見やご不満等を参考とした)からはあまりおすすめできるものではありません。
    プラチナ1000ということは約100%がプラチナということです。したがって非常に軟らかく、表面のキズや変形に弱いものなのです。
    硬化プラチナ1000というものも登場していますが、表面がいくぶん硬いというだけでキズつきやすいことには変わりありません。
    麻生としては、限りなく美しく・限りなく純度が高いという点で、指輪であればプラチナ950やプラチナ900をおすすめしたい、と考えております。ネックレスであればプラチナ850が最適であろう、と思います。

    厳しいチェックを実施している店 麻生

    米国宝石学会宝石学修了士(G.I.A.G.G)が2名常駐し、品質への厳しいチェックを行っています。信頼の証の一端と言えないでしょうか。

    SHIHOKO ASO

    MASAYUKI ASO

    麻生の《宝石・貴金属》メンテナンス・サービスについて

    超音波洗浄クリーニングで細部の汚れを取って、ピカピカにします。(無料)

    イオンクリーニングで表面の酸化をすばやく除去、お求めになられた時の色合いに限りなく近づけます。(無料)

    指輪のサイズ直しは、麻生でお求めの方に限り一回目は無料で、その後のサイズ直しは、ご優待価格にてサービスいたします。
    地金が高騰した場合を考え、無料サービスはご遠慮させていただいております。

    石留めがゆるんでいないか点検し、実費にて修理いたします。

    ネックレスなどの留め具を点検し、実費にて修理いたします。

    不都合な点があれば最大限の改良・改善・工夫をいたします。基本的には無料ですが、実費をいただく場合もございます。

    小さな傷は磨き棒とバフを使って磨き、できる限り新品に近づけます。(無料)

    指輪など変形したものは、その場で、あるいはお預かりしてお直しいたします。

    いつでもリフォームのご相談を無料でお受けいたします。

    ご使用されている地金(K18、K18WG、Pt950、Pt900、Pt850など)を、その日の相場でお買取いたします。

    他店でお求めの商品でも、修理・メンテナンス等代わってアフターサービス致します。お気軽にご相談くださいませ。

    取り扱いブランド


    2013033018551411194.jpg
       星の砂

     2013040413204714132.jpg
       TOWΛMOUR[トワエムール]
     2013100616593522930.jpg
      COLORDER[カラーデュー]
     
     その他ブランド
    • BLUMAR(独)
    • centoventuno(伊)
    • CHRISTIAN BAUER(独)
    • DIAMOND DREAMS(独)
    • GARAVELLI(伊)
    • IsabellaFa(独)
    • Jorg Heinz(独)
    • LAZARE DIAMOND(米)
    • Leo wittwer(独)
    • pierrot milano(伊)
    • STENZHORN(独)
    • CHIMENTO (伊)

    麻生のダイヤモンド・ショートコラム

    • 数十億年前に想像を絶する高温と圧力から生成されたダイヤモンド、自然の奇跡です。
    • 今までに見つかった世界最大のダイヤモンドは3106カラット。およそダチョウの卵大。
      ちなみにカットを施されたものでは545.67カラットが最大。
    • ダイヤモンドにはあらゆる色が存在しますが、中でも珍しい色はレッド。

     
     

    お問い合わせ

    お問い合わせにつきましては、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。